やどや三平

小安峡からこんにちは。
本日は、小安峡のお宿、やどや三平さんをご紹介します。


やどや三平さんは、客室は三部屋、浴槽も一つのお宿さんです。『小さな温泉宿』と紹介されているのを目にしますが、

三平さんご夫婦がお客様に失礼なくおもてなしをし、くつろいでいただくためにお二人の思いをカタチにした宿なんだとか。

写真を撮影する前に「まずお茶っこ飲んで」と、声を掛けていただきごちそうになりましたが、

女将さんとご主人とお話しをして、館内の置物や小物にもこだわりを感じましたし、

御馳走になったデザートからも、旬のものを、できる限りその時の一番おいしい食べ方で。というこだわりを感じました。

お部屋は落ち着いた雰囲気で、庭の見えるお部屋もあり、座椅子に座り涼みながら、

ただただのんびり庭とその奥の山の景色をみていたいなと思いました。

お風呂も眺めがよく、開放感もあり、三平の焼印が押された風呂椅子や桶も可愛いデザインで癒されます。

女将さんやご主人の温かさや、静かで落ち着いた館内にはどこか洗練された雰囲気もあって、

常連さんがまた来たいなと思う理由が分かった気がしました。

お食事は、春から秋は近くの山で採れた山菜を、冬はあらかじめ保存したものを素材に田舎料理を、

夕食には打ち立てのお蕎麦も楽しめるそうですよ。

一日二組までのお宿さんに是非一度は泊まってみたいですね。

やどや三平さんのHP

http://www.yadoyasanpei.com/

コメントは受け付けていません。