渓谷の下

今年は思ったより落葉が遅く、紅葉が長引いている印象だったので、今朝、渓谷の下まで行ってきました。


大噴湯の遊歩道を歩くと、渓谷の上の方から落ちてきた落ち葉が歩道にアートを作っています。

今日気が付いたのは大きな葉っぱは渓谷の上段のほうに。下って行くにつれて小さな葉っぱになっているということでした。

太い幹の木は岩がゴツゴツした渓谷には生えないからかな・・・なんて想像しながら降りて行きました。

今までなんとも思ってなかったことに気が付いたりします。
小安峡から辺りを見渡すと山はもう落葉していますが、渓谷の下はまだ色付いていないモミジもあります。

葉っぱが川にたくさん沈んでいます。

 

気温がある程度低くなると、湯気の迫力もものすごい。


渓谷に下りて紅葉を楽しむなら”今”かもしれません。

不動滝のモミジです

苔とモミジの色合いが素敵なことに気が付きました。

コメントは受け付けていません。